私が沖縄に移住する時に準備したこと、 沖縄に暮らし始めて必要だと思ったことを日々つづった3年間の日記です。いまは本土に戻りましたが、懐かしく思い出しながらちょこちょこ沖縄のお話を更新しています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
目に見えないめくるめく世界
2009年11月22日 (日) | 編集 |
先日、友人と話していたときのこと。
彼女は、猫の里親探しをしているのですが、「この人は!」と思う人に巡り合ったそう。
そして一言。

「気持ち悪く聞こえるかもしれないけど、全然里親希望の連絡がなくって。この人の連絡を待ってたって思うのよ。運命っていうか、そんな感じ。」

・・・いえ、全然気持ち悪く聞こえません(笑)。
だって、沖縄にいた時、そんなことみんな普通に話してましたけど。

目に見えないものを沖縄では当たり前に信じていたし話してたな~。
と、離れてみると本当によくわかります。
おんなじように東京ではお話しできません。
そう考えると、沖縄の人たちの生きてる世界は広くて深い気がします。
いや、人間は本来そうなのかもしれないけど。

空に浮かぶ雲の動きにも、なんだか意味がある気がして。
ずいぶん、上ばかり見て暮らしてた、ほんとに。

小浜島のはいむるぶしビーチにて。
40786680_2861982136.jpg
スポンサーサイト
テーマ:沖縄
ジャンル:地域情報
夜明けに考える
2009年11月17日 (火) | 編集 |
すっかり月一ペースの更新ですが、本土は冬になりつつあるような。
そして、沖縄の天気を見ると、驚くほどに、あたたく感じます。
暮らしてた時は、それでも、「涼しくなったなー」とか思ってましたけど、
そりゃ、本土の人が沖縄を南国というわけだ、
といまさらながら思っています。

東京に暮らしててつくづく思うこと、それは夜が明けるのが早いってこと。
今は夏に比べれば随分遅くなりましたが、それでも、朝の6時には
明るくなります。
沖縄は、冬だと7時くらいにならないと、明るくならなかったと・・確か。

そして、夜が来るのも早い。
空の明るさだけで時間を判断すると、1時間くらいずれてます。
私の体内時計はまだ、沖縄仕様なのかな(笑)

そして、これは与那国島の夜明け。
ちょうど今頃の季節。
これも、朝日を待ってたら、ちょうど朝7時くらいだったかな…。
DSC_0186.jpg

テーマ:沖縄
ジャンル:地域情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。